会長方針

 

第42代会長 立澤 智

 

 

 

2009~2010年度会長に就任させて頂いてから早10年になります。

この間にロータリーの流れは大変変わりました。私の印象は、『ロータリーは

生きている』ということです。

二度目の会長を務めるにあたり、身の引き締まる思いと、また新たな緊張感を

持って一年間望みたいと思っております。そして、RIテーマの強調事項に沿

った地区方針に従い、今年のクラブ運営を次の項目に重点を置き、実践してい

きたいと思っております。

 

クラブ活動方針

 

☆RIロータリー賞へのチャレンジ

☆会員増強及び会員維持

☆会員相互による親睦の和

☆ロータリー財団への寄付及び米山奨学会寄付への理解

☆公共イメージ向上に向けての実践

☆職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕・米山奨学会の積極的な取り組み

 

以上を活動計画と致しますが、会員数が少人数のクラブではあります。しかし、

『少数精鋭』という利点を活用したクラブ運営にしたいと思っております。

微力ではありますが、会員皆様の力をお借りして一年間頑張って参りますので

宜しくお願い致します。